不思議なゼロハリ

3月と5月に出張と旅行で海外に出掛けるので適当なスーツケースを探していました。

これまで旅行用に馬鹿デカく重い、特大のゼロのケースを使用していたのですが、大きさの割にキャスターが小さくて重過ぎてキャスターが壊れてしまい修理してヤフオクで処分しました。

それでもやはり重くてもアルミケースのゼロの雰囲気が好みです。

という訳で、何か良い物でもないかな~とヤフオクを物色中、これは!という雰囲気の良いゼロを見つけました。

b0097739_22432029.jpg

ビンテージハリバートンのゼローラスーツケースと出品されてますが・・

ZEROにそんなケースあったっけ??

でも出品詳細から見ると、特に偽物でもなさそうだし・・・

とりあえず大きさが手頃で、これは押さえておこう!と落札しました。

早速翌日届いたケースを確認すると・・・

b0097739_22482732.jpg

確かにケースは合わせ目のフラットなゼロになる前の1950年代のビンテージのハリバートンなんですが、なぜか90年代のゼローラのキャスター付きです。

しかし、どことなくカスタムされた様な雰囲気です。

b0097739_22503963.jpg

僕は一時期、ZEROのケース収集にハマり現行からビンテージまで部屋がZEROだらけだったので、手前味噌ですがZEROの知識は豊富だと思ってます。

さてゼローラも以前に所有していたので判るんですが、これは間違いなくゼローラのキャスター&ローラーですね。

b0097739_225201.jpg

内装は80年代?90年代?のスーツケースの内装の物ですね、

まずハリバートン時代のケースでこんな内装はありません。

ハリバートン時代の内装はベージュとか赤のサテンのテカテカの布生地の内装です。

ちなみにビンテージハリバートンケースを今まで7個位購入しましたが、内装の古い繊維の猛烈な臭いで中に服など入れれたもんじゃありません。

どのビンテージも同じ臭いがします・・

b0097739_2254184.jpg

さて細かくケースを検証すると、なぜかラッチが逆に付いています・・

この丸いキーシリンダーの時代はバー型のラッチだったと思うのですが、どうなんでしょう?


b0097739_11051973.jpg

内装にも改造の痕跡があります。

丸いシリンダーの形に合わせておらず、かなり雑にざっくりとカットしていますね。


b0097739_11053898.jpg

内装の貼り方も雑な部分があるので、やはりこの内装は後で張り替えた物ですね。

b0097739_11054937.jpg

ハリバートンのプレートは間違いなく50年代の物です。

僕の所有のビンテージケースのプレートと比較すると今回のケースの方が製造Noからして古いナンバーですね。

という事でこのスーツケースはゼロの特注品なのか? (な訳ないか・・)

恐らくアメリカのビンテージ好きのオーナーかショップがビンテージケースをベースにゼローラの部品を利用してワンオフで製作したケースなんだと思います。

出品者のアンティーク業者さんに聞いても、アメリカでのガレージセールでの中古品買い付けらしく詳しい事はまったく判らないと・・

まぁケースの真相がどうであれ、自分もビンテージのハリバートンのケースを汎用のコロコロキャスターに括り付けて使用していた位ですから、改造品であろうと、この仕様は捜し求めていた物で願ったりかなったりです。

今回のケース位の大きさ位が旅行には丁度良く、ゼローラのローラーならキャスターの信頼性もOKでしょう。

十分実用に使えそうです。

b0097739_2258646.jpg

スーツケース3個の記念撮影。

今ではZEROケース収集もやめていますので、これで実用ケースが二つと観賞用ビンテージケースが一つです。

これからガンガン使います!


※ 後日同じケースが同じ出品者より定期的に出品されていました。

・・という事はアメリカのリサイクル屋さんが中古品にこういう改造を行い販売でもしていたんでしょうか?

でもこれ本当によく出来ています!お気に入りです!




[PR]
by paripor | 2013-02-16 16:18 | 趣味 / その他 | Comments(0)